豊田裕子のオフィシャルサイトへ

プロフィール

豊田 裕子(とよだ ゆうこ)


国立音楽大学卒業。
2002年、ウィーンのコンチェルトハウスに於いて、
デビューコンサートを開催。
以後、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団首席奏者たちとのデュオによる演奏会を重ねる。
2007年に開催されたウイーンのベーゼンドルファーホールにおける日・EU外務省公式行事「豊田裕子ピアノコンサート」は超満員となり、その際に使用したピアノ<ベーゼンドルファー社とスワロフスキ―社によって共同製作されたクリスタルピアノ>で世界初録音した。
2010年には「200年後に生まれ変わったショパン」
をテーマにしたCDアルバム「豊田裕子 ショパン ドゥ クリスタル」がキングレコードよりリリースされメジャーデビュー。
ANA国際線全線のオーディオに採用される等、高い評価を得る。
2012年には、和と洋の融合をテーマにしたCD「クリスタリア」をキングレコードよりリリース。
発売後、itunesのクラシックニューリリースで3か月間連続でトップページに紹介される。
青島広志&豊田裕子のピアノの万華鏡コンサートを展開。
2013年に、音楽の都ザルツブルグでコンサート予定。
クラシックのみならず、映画音楽やオリジナル楽曲、日本の伝統楽器とのコラボレーション、パイプオルガン演奏も行なう等、透明感のあるピアノの音色とパフォーマンスで、他に類を見ない稀有なピアニストとして、今最も注目されている。

Yuko Toyoda


She held her debut concert at Vienna Concerto House in 2002 together with her guest player Tibor Kovac, the principal second violinist of the Vienna Philharmonic Orchestra . Ever since then she performed with various principals from Vienna Philharmonic Orchestra and the first-class performers from all over the world.

The "Yuko Toyoda Piano Concert" on an officialforeign ministry event for the Japan-EU at the Bosendorfer Hall in Vienna attracted a full house and was much talked about.

She also held "Yuko ToyodaBosendorfer Story Piano Concerts" at the Kawasaki City Museum based on a recommendation from the Bosendorfer company.

She captivated an audience of 3000 people at the Aspecta outdoor concert in Kyusyu.

She performed at variouscharity concerts including " Princess Diana memorial concert" at the British Embassy, "Sri Lankan government official invitation concert" and "the Great Hanshin-Awaji Earthquake Reconstruction concerts". She has played concertos of Mozart, Rachmaninoff, Tchaikovsky and Chopin together with orchestras in Japan.

She is also gaining attentions as a pianist in the new entertainment areas by collaborating with traditional Japanese music, her own compositions and pipe organ performance.

プロフィール終わり